近年増加中!シニア親子旅に出かけよう!

近年シニア世代の親子旅に出かける人たちが急増しています。
一昔前ならお年寄りと言われた世代でも
現代のシニア層はとても元気な人が多いです。
若い頃のような体力がないので弾丸ツアーはできなくても
シニアだからこその懐の余裕具合で旅行を満喫することができます。

海外旅行慣れしていないならツアーに参加

お互いが旅行慣れしているなら個人手配でもOKですが
海外旅行慣れしていないシニア層が同行するなら
多少値段が上乗せされても大手旅行代理店のシニア向けツアーがおすすめです。
シニア層の体力に合わせた工程や料理内容になっており
現地の語学ができるツアーガイドが同行するので安心して旅行を満喫できます。

スケジュールは1年単位で

若い人の場合には旅行に行こう!と思ってから実際に旅行に行くまでの期間が
短くても問題ないのですが、シニア層の旅行計画は1年スパンで計画を立てて下さい。
日程はいつにするか?どの国へ行くか?どの観光地をめぐりたいか?
何を食べたいか?持っていく物は何か?などじっくり計画を立てます。
余裕を持ってスケジュールを組むが大事です。
若い人と違って準備にも時間がかかります。
あれこれ手配したり比較したりするのにも時間がかかります。
来月旅行に行こうよ!というのは若い世代限定です。

ビジネスクラスを利用しよう

韓国や台湾程度であれば元気なシニア層ならエコノミーでも問題ないかもしれませんが
長時間のフライトの場合は飛行機に乗っているだけでも疲れてしまいます。
せっかく旅行先に着いたのに現地に到着した途端にゲッソリ…というのでは話になりません。
お金を惜しんで現地での旅行が楽しめないのは残念ですから
少なくとも「行き」の飛行機に関してはビジネスクラスを利用するのが良いでしょう。

自由時間は半日で計画を立てる

旅行先で自由時間が丸一日あるツアーの場合は半日で計画を立てましょう。
若い人の場合は早朝から夜までスケジュールを組んでも問題ありませんが
シニア層の疲労はバカにできません。
若い人なら半日で回れるコースも休憩を挟みながらなるので
若い層の半分くらいで計画を立てると良いでしょう。
時間に追われるにあちこち見て、あとで疲れしか残っていないというのは
せっかく海外旅行に来たのに勿体無いです。
思い出に残るように余裕を持ったスケジュールを組んでください。

自由時間の移動はケチらずタクシーを使おう

シニア世代の何よりの強みは予算に余裕があることです。
公共交通機関を使えば安上がりになるかもしれませんが
移動距離が増えることで疲労度も上がってしまいます。
時間と体の負担を考慮するとケチらずにタクシーを使うのがおすすめです。

「子」はツアーガイドに徹するべし

シニア層と旅行に行く「子」はツアーガイドに徹する気持ちでいましょう。
日頃から同居していれば親の性格や体力も熟知しているでしょうが
別居している場合には親子と言えども「ズレ」が多々生じるでしょう。
思った以上にトイレが近い、寝る時にいびきがうるさい、すぐ休憩したがるなどなど
不満を抱えることもあるでしょう。
自分が楽しむことを優先してしまうと疲れてしまいます。
親孝行するつもりで自分が楽しむよりも親との思い出作り
というスタンスで行動すると満足行く旅行にすることができますよ。

エクスペディアクーポン使ってみたら?