海外旅行は安全?それとも危険?それはあなたの姿勢一つです!

海外旅行というと、治安が心配になりますよね。
日本だと女性が深夜にコンビニに行っても
そうそう事件に巻き込まれることはありません。
酔っ払ってフラフラ電車に乗っても
そうそう犯罪に巻き込まれることはありません。
でも、海外ではそうは行きません。
日本とは治安の状況が全く違うからです。

では、日本と同じくらい治安の良い国に行けば
心配する必要はないのでしょうか?
治安の悪い国、治安の悪い地域にさえ立ち寄らなければ安全なのでしょうか?

まず知っておきたいのが外務省のWebサイトに「安全」と書かれているからと言って
絶対安全に過ごせるというわけではないからです。
「事件の発生数などから安全だと判断できる」だけなのです。

例えば麻薬戦争など怖いイメージのあるメキシコですが
世界遺産も多く世界でもトップクラスの先進国でもあります。
一部危ない地域はありますが、全体を見た時
それほど危険な国でもなく、安全に観光することは可能です。

当然安全な地域であっても、日本人観光客丸出しで
ブランド品などを見せつけるようにしていれば
「強盗さん、いらっしゃーーい!」と叫んでるようなものでしょう。
自ら犯罪に巻き込まれに行くようなものでしかありません。

日本人に人気のタイも深南部3県は8割がイスラム教徒で
ここ10年で頻繁にテロが起きている場所です。
タイならどこでも安全、というわけではないのです。

ヨーロッパでも最近はテロが起きています。
全域が危ないわけではありませんが
ヨーロッパはだいたいどこも治安が良くて
それほど注意が必要ないと考えるのは大間違いなのです。

そして海外で気をつけたいのは犯罪だけではありません。
特に注意が必要なのは「遅刻」です。

日本国内で「遅刻」してしまっても
大体の場合は少々予定が狂うくらいで済みます。
次から次に電車やバスはやってきますし
電話一本でタクシーを呼ぶこともできるでしょう。

しかし海外ではその常識が通じないことも立たあります。
深夜バスに乗り遅れてしまって現地の危なそうな場所で
一晩過ごすことになってしまったら、どうしますか?
言葉も通じない、土地勘もない。
路上で一晩過ごすわけにはいきませんから
暗闇の中で慌ててホテルを探し回りますか?

当然ですが盗難にも注意しなくてはいけません。
日本では当たり前に使うことのできるLOUIS VUITTONなど
高級ブランドの財布、バッグ、時計なども危険です。
またiPhoneも中古市場でも高値がつきます。
日本では当たり前に持っていて、歩きスマホをしている人も多いですし
電車に乗ってる最中や喫茶店など、どこでも取り出して
SNSなどを楽しんでいる人が多いです。
しかしこれは人前で札束を数えるような行為に相当します。
ただでさえ防犯意識が低い日本人は格好の餌食です。
スマホの使用場所はよく考えなくてはいけません。

海外を安全に楽しめるかどうかは
あなたの危機管理能力次第と言っても過言ではありません。
事前にその国の犯罪発生傾向など
治安の良し悪しをしっかり調べること。
また常に日本以外の場所にいるのだという危機感を持つことが大切です。

エクスペディアクーポン使ってみたら?